見返り美人

見返り美人切手の買取価値が暴落?切手コレクターの個人的な意見

見返り美人切手の買取価値が「暴落」している?

ネットで見返り美人切手の買取や価値を調べてみると、もう出るわ出るわ。

特に著しいのが「見返り美人切手の買取価値が暴落」しているというコラム記事。

いや、コラムと呼べないほど素人臭いのが多いのが現状ですが・・・。

見返り美人切手全盛期を生きてきた切手コレクターとして、個人的な意見をまとめてみます。

見返り美人切手の買取価値は、本当に暴落しているのか

mikaeri-bijin

まず、見返り美人切手の概要を少し。

見返り美人切手の発行は1949年、切手趣味週間シリーズとして発行されました。

発行枚数は150万枚と、プレミア切手として重宝されてはいますが、当時の切手の発行枚数を見るに、あくまで発行量としては普通です。

記念切手としては発行が少なかった、などといわれていますが、当時の発行枚数としては、普通です。

 

見返り美人切手の現在の価値・買取価格は?

見返り美人切手の現在の買取価格の相場として、大体1シートで15000円程。

単片で3000円前後が買取価格の相場のようですね。

見返り美人の価値が暴落する前の買取価格は?

要点は、ここです。

昔の見返り美人切手の買取価格は、ずばり、1枚5~15万円前後です。

これは状態によって大きく変わってはきますが、昭和40年代には6~7万円の価値を持っていました。

使用済みの見返り美人切手も高く売れた時代です。

かつて日本に切手ブームが起こっていたとき、見返り美人は切手収集家の憧れの的だったのです。

3人に1人は切手収集家であった時代です。もちろん切手の需要も非常に高いです。

そのため、150万枚が発行された見返り美人切手も「足りない!」状態に陥ります。

 

当時切手を売った友人は、その買取価格でバイク(新品)を購入していました。すごい話です。

今でいう転売に近い、あくどい(?)やり方ではありましたが・・・(苦笑)

 

どうして見返り美人の価値は「暴落」といわれるのか

さて、当時の切手ブームの終焉ですが、切手の人気を受け「需要があればいくらでも切手を発行する」という方針に切り替わったことが原因であったような。

切手のプレミア的価値がなくなってしまったために、あっけなく終わってしまいました。

当時の切手収集家は、純粋に集めていたのではなく、将来的に高く売れるかも知れない、と思って集めていた方がほとんどです。

特に大人の方はそうであった記憶があります。

そのため、切手のプレミア価値がなくなる可能性が高くなり、蜘蛛の子を散らすように切手収集家はいなくなってしまいました。

 

現在、日本にいる切手収集家は、大体1~3万人前後だといわれています。

2016年の日本の人工が1.27億人ですので、切手収集家はかなり減ってしまいましたね。

そのため、見返り美人切手を求める人間が少なくなり、価値も下がり、買取価格も下がりました。

 

個人的な感想としては、

今、見返り美人切手の買取価値が暴落したのではなく、昔がおかしかった

といったところでしょうか。

暴落というより、かつて切手ブームの到来により、見返り美人切手の価値が爆上がりしたことがある

と表現する方が正しいと思いますね。

株なり金投資なり、今ならビットコインなり。切手は投資対象としてみることが出来ますよ、

そして、切手の相場が爆上がりしたとき、見返り美人の切手の価値もあがりましたよ。という。

なので、「あのとき売っておけば良かった~」という考え方も、まぁ、正しくはありますが、今の価値を見て「これが普通の相場だな」と捉えておいた方が、良いかとは思いますね。

 

見返り美人切手は今もプレミアか。概要や買取価格を調査

さて、私の大したことのない切手のコレクションの話です。

世間は切手ブームの渦中、発売や否や大人気となり、今でもプレミア切手と名高い「見返り美人」切手です。

見返り美人切手とは?概要をご紹介

見返り美人切手とは、1948年に”切手趣味週間”シリーズの一環として発行された切手です。

切手の蒐集を目的に作られた切手趣味週間、主に日本画が題材になることが多く、この見返り美人以外にも写楽や狩野長信、葛飾北斎や歌川広重といった著名な絵師の図が採用されています。

見返り美人の図柄の元となった、浮世絵見返り美人の作者は、菱川師宣。

江戸時代初期に活躍した浮世絵師で、他にも東京国立博物館蔵の「歌舞伎図屏風」が代表作として知られています。

見返り美人切手は、その見事な浮世絵の美しさはもちろん、その切手の”大きさ”でも話題を呼んだ切手です。

見返り美人切手は、他の切手よりも格段に大きい

見返り美人切手の大きさは、縦67mm×30mm。これは他の切手のサイズよりも格段に大きいです。

一般的な切手の大きさが大体縦22.5mm×横18.0mmくらいなので、かなりの存在感のあるサイズです。

見返り美人切手の実物を見たことのある方は、その大きさに驚かれたことでしょう。

 

この大きさは、切手の発行を目的に作られたのではなく、実は印紙の大きさをそのまま流用したものだそうです。

“取引高税印紙”という目打ち付きの印紙の大きさがそのまま見返り美人切手に流用され、このような大きなサイズの切手が誕生しました。

 

見返り美人は今も”プレミア切手”?買取価格を調査

見返り美人切手は一時プレミア切手として大きく注目され、第何次かの切手ブームの渦中には美品で15,000円もの値段がついたこともあったそうな。

今でも切手商や切手買取店に見返り美人を売ると、大体3000円前後の買取価格がつくそうです。

切手ブームの収拾に伴って価値や相場は落ち着いているものの、他の切手と比べると頭一つ抜けている買取価格ですね。

 

見返りすぎて・・・ほぼドリル?

親戚の子供に私の切手帳を見せながら思い出話をしていたのですが・・・(迷惑な爺だと自覚はありますが・・・)

「見返り美人」の切手を見た途端、これ、知っていると申すのです。

ゆとり教育が終わった途端、えらい勉強の意気込みようだと思ったのですが、どうやら違うようで。

「見返りすぎてほぼドリル」

子供向けテレビ番組で、こうした歌が放送されたそうです。

 

見返り過ぎて 役に立つ

浮世の頼れる 立美人

歌詞も面白いと思いませんか。