見返り美人切手の買取価値が「暴落」している?

ネットで見返り美人切手の買取や価値を調べてみると、もう出るわ出るわ。

特に著しいのが「見返り美人切手の買取価値が暴落」しているというコラム記事。

いや、コラムと呼べないほど素人臭いのが多いのが現状ですが・・・。

見返り美人切手全盛期を生きてきた切手コレクターとして、個人的な意見をまとめてみます。

見返り美人切手の買取価値は、本当に暴落しているのか

mikaeri-bijin

まず、見返り美人切手の概要を少し。

見返り美人切手の発行は1949年、切手趣味週間シリーズとして発行されました。

発行枚数は150万枚と、プレミア切手として重宝されてはいますが、当時の切手の発行枚数を見るに、あくまで発行量としては普通です。

記念切手としては発行が少なかった、などといわれていますが、当時の発行枚数としては、普通です。

 

見返り美人切手の現在の価値・買取価格は?

見返り美人切手の現在の買取価格の相場として、大体1シートで15000円程。

単片で3000円前後が買取価格の相場のようですね。

見返り美人の価値が暴落する前の買取価格は?

要点は、ここです。

昔の見返り美人切手の買取価格は、ずばり、1枚5~15万円前後です。

これは状態によって大きく変わってはきますが、昭和40年代には6~7万円の価値を持っていました。

使用済みの見返り美人切手も高く売れた時代です。

かつて日本に切手ブームが起こっていたとき、見返り美人は切手収集家の憧れの的だったのです。

3人に1人は切手収集家であった時代です。もちろん切手の需要も非常に高いです。

そのため、150万枚が発行された見返り美人切手も「足りない!」状態に陥ります。

 

当時切手を売った友人は、その買取価格でバイク(新品)を購入していました。すごい話です。

今でいう転売に近い、あくどい(?)やり方ではありましたが・・・(苦笑)

 

どうして見返り美人の価値は「暴落」といわれるのか

さて、当時の切手ブームの終焉ですが、切手の人気を受け「需要があればいくらでも切手を発行する」という方針に切り替わったことが原因であったような。

切手のプレミア的価値がなくなってしまったために、あっけなく終わってしまいました。

当時の切手収集家は、純粋に集めていたのではなく、将来的に高く売れるかも知れない、と思って集めていた方がほとんどです。

特に大人の方はそうであった記憶があります。

そのため、切手のプレミア価値がなくなる可能性が高くなり、蜘蛛の子を散らすように切手収集家はいなくなってしまいました。

 

現在、日本にいる切手収集家は、大体1~3万人前後だといわれています。

2016年の日本の人工が1.27億人ですので、切手収集家はかなり減ってしまいましたね。

そのため、見返り美人切手を求める人間が少なくなり、価値も下がり、買取価格も下がりました。

 

個人的な感想としては、

今、見返り美人切手の買取価値が暴落したのではなく、昔がおかしかった

といったところでしょうか。

暴落というより、かつて切手ブームの到来により、見返り美人切手の価値が爆上がりしたことがある

と表現する方が正しいと思いますね。

株なり金投資なり、今ならビットコインなり。切手は投資対象としてみることが出来ますよ、

そして、切手の相場が爆上がりしたとき、見返り美人の切手の価値もあがりましたよ。という。

なので、「あのとき売っておけば良かった~」という考え方も、まぁ、正しくはありますが、今の価値を見て「これが普通の相場だな」と捉えておいた方が、良いかとは思いますね。