見返り美人切手は今もプレミアか。概要や買取価格を調査

  • Pocket
  • LINEで送る

さて、私の大したことのない切手のコレクションの話です。

世間は切手ブームの渦中、発売や否や大人気となり、今でもプレミア切手と名高い「見返り美人」切手です。

見返り美人切手とは?概要をご紹介

見返り美人切手とは、1948年に”切手趣味週間”シリーズの一環として発行された切手です。

切手の蒐集を目的に作られた切手趣味週間、主に日本画が題材になることが多く、この見返り美人以外にも写楽や狩野長信、葛飾北斎や歌川広重といった著名な絵師の図が採用されています。

見返り美人の図柄の元となった、浮世絵見返り美人の作者は、菱川師宣。

江戸時代初期に活躍した浮世絵師で、他にも東京国立博物館蔵の「歌舞伎図屏風」が代表作として知られています。

見返り美人切手は、その見事な浮世絵の美しさはもちろん、その切手の”大きさ”でも話題を呼んだ切手です。

見返り美人切手は、他の切手よりも格段に大きい

見返り美人切手の大きさは、縦67mm×30mm。これは他の切手のサイズよりも格段に大きいです。

一般的な切手の大きさが大体縦22.5mm×横18.0mmくらいなので、かなりの存在感のあるサイズです。

見返り美人切手の実物を見たことのある方は、その大きさに驚かれたことでしょう。

 

この大きさは、切手の発行を目的に作られたのではなく、実は印紙の大きさをそのまま流用したものだそうです。

“取引高税印紙”という目打ち付きの印紙の大きさがそのまま見返り美人切手に流用され、このような大きなサイズの切手が誕生しました。

 

見返り美人は今も”プレミア切手”?買取価格を調査

見返り美人切手は一時プレミア切手として大きく注目され、第何次かの切手ブームの渦中には美品で15,000円もの値段がついたこともあったそうな。

今でも切手商や切手買取店に見返り美人を売ると、大体3000円前後の買取価格がつくそうです。

切手ブームの収拾に伴って価値や相場は落ち着いているものの、他の切手と比べると頭一つ抜けている買取価格ですね。

 

見返りすぎて・・・ほぼドリル?

親戚の子供に私の切手帳を見せながら思い出話をしていたのですが・・・(迷惑な爺だと自覚はありますが・・・)

「見返り美人」の切手を見た途端、これ、知っていると申すのです。

ゆとり教育が終わった途端、えらい勉強の意気込みようだと思ったのですが、どうやら違うようで。

「見返りすぎてほぼドリル」

子供向けテレビ番組で、こうした歌が放送されたそうです。

 

見返り過ぎて 役に立つ

浮世の頼れる 立美人

歌詞も面白いと思いませんか。

 

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。