2018年 8月 の投稿一覧

切手は湿気が少ない場所で保管すべき理由

切手の価値を下げないためには状態の保存が大切

不要になった切手は、買取に出される事もあります。その買取額が高くなるかどうかは、やはり状態に左右されるのです。

いずれ切手を買い取ってもらうつもりで、価格も高くしたい時には、湿気には注意する必要があります。
切手を買い取ってもらう際には、お店の担当者による査定を受ける事になります。まず切手の状態を確認してもらうのです。良い切手ならば、買取価格も高めになる傾向はあります。
しかし切手の状態が微妙ですと、買取価格も低くならざるを得ません。

rain

なぜ状態が悪くなるかと言うと、保管する場所の湿度です。

切手はデリケートな”紙”で出来ている

当然ですが、切手は紙でできています。それが水に浸ってしまいますと、どうしても状態は悪化してしまうのです。
思えば紙の書籍なども、水は禁物です。書籍が水浸しになった状態で、しばらく日数が経過すれば、状態は悪くなってしまうでしょう。それは切手も同様なのです。
このため切手の買取価格を高くしたい時は、やはり保管環境が大切なポイントになります。少なくとも湿度には、十分注意する必要があります。

hokan-stamp

やや湿度が高い倉庫などで保管しておきますと、切手の状態は悪くなり、買取価格も下がってしまうからです。

逆に空調がきいた場所なら、湿度は特に問題ないので、切手の価値も下がりづらくなります。
一旦切手の状態が悪くなってしまうと、元通りにするのは難しくなります。ですから普段からの保管環境が大切なのです。

できれば切手保管の専用の道具など使用して、良好な環境で保管しておく方が良いでしょう。

珍しい切手を見つけるにはどうすれば良いか

現代ツールを利用して効率良く切手収集

コレクターの方々は、プレミア価値が高い切手を探している事もあります。

普通切手などでなく、市場に出回っている枚数が少ない切手を探したくなる事もあるでしょう。

kittenote
切手を入手する方法は、色々あるのです。もちろん郵便局に行けば、普通切手は購入できます。コンビニでも買えるのです。

ですが、それらのお店では珍しい切手は販売されていません。

切手の情報交換にはSNSが便利

このため、最近の切手コレクターの方々は、SNSを活用している傾向があります。コレクターの方々が集まって、サークルを作っている事もあるのです。
もしも珍しい切手を探しているなら、そのようなサークルには入っておくと良いでしょう。

sns

SNSでは、もちろん色々な方々と情報交換できます。SNSのメンバーが、珍しい切手の情報を教えてくれる事もあります。

切手収集にはもはや欠かせないオークション

それと、WEBのオークションも活用してみると良いでしょう。オークションには、大変珍しい切手が多く出品されている事もあります。
何と言ってもオークションは、多くの個人の方々が出品しています。切手も例外ではありません。誰かコレクターがオークションに出品している事も、多々あるのです。

auction
オークションで切手を探すのもおすすめなのですが、タイミングには注意が必要です。オークションは競売の形式になりますから、タイミング次第では落札価格が高くなってしまう事もあります。

pc
またプレミア価値が高い切手は、他の誰かも落札を狙っている事も多いです。ですから珍しい切手を見つけた時は、タイミングを意識して落札を試みる方が良いでしょう。
このようにSNSやオークションなどWEBのサービスを活用すると、珍しい切手を見つけやすい傾向があります。