誤って貼ってしまった切手を剥がす方法

  • Pocket
  • LINEで送る

何かを郵送したい時は、もちろん封筒などに切手を貼って、ポストに投函する事になります。

しかし時には、切手を貼り間違えてしまう事があるのです。もちろん切手には、接着剤が付いています。

一旦は封筒に接着されてしまったので、剥がすのは困難だと見なされている事も多いです。

kittewohagasu

しかし実際は、切手は剥がす事も可能なのです。乾燥させれば封筒から外す事も可能ですから、諦めずに試してみると良いでしょう。

 

間違えて貼ってしまった切手の剥がし方

具体的な剥がし方ですが、しばらく冷蔵庫に入れるだけです。

誤って貼り付けてしまった封筒を、約20分ほど冷蔵庫に入れておくのです。

 

それで切手を剥がしてみると、スムーズに取れる事がよくあります。

reizouko02

なぜ冷蔵庫で取れるようになるかと言うと、接着部分が乾燥したからです。

もちろん切手の裏側には、ノリがあります。しかしそのノリも、万能ではありません。

冷蔵庫という湿度が低い空間で乾燥させてあげれば、切手は取れるようになるのです。

reizouko

ただし冷蔵庫に切手を入れる時は、くれぐれも汚れないよう注意が必要です。

冷蔵庫の中に水っぽい食材が入っていて、封筒が汚れてしまう事もよくあるからです。ビニールなどはかぶせておく方が良いでしょう。

airon

その他にも、アイロンを使って取り外す方法があります。少し湿気を含んだ布を切手に当てて、アイロンをかけてあげれば乾燥するからです。

また電子レンジで乾燥する手段もあります。

 

このように間違って貼ってしまった切手でも、乾燥させれば外す事はできます。まずは冷蔵庫に入れて、試してみると良いでしょう。

(実際に行う際は、火傷などにご注意ください。尚、当サイト、またはコンテンツのご利用により、万一、ご利用者様に何らかの不都合や損害が発生したとしても、当方は何らの責任を負うものではありません。)

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。