国際文通週間切手「富嶽三十六景」の購入価格と買取価格

  • Pocket
  • LINEで送る

post-stamp

お久しぶりですね。世間様はすっかり秋、私の財布は冬模様、皆様いかがお過ごしですか。
私のお財布に北風が吹く理由として、「国際文通週間」があります。

前回だか前々回だか、「国際文通週間切手《東海道五十三次》の買取価格一覧」という記事を投稿いたしました。
東海道五十三次の国際文通週間切手は全て所持しているのですが…いや、逆にいってしまえば、東海道五十三次シリーズ以外の国際文通週間切手を持っていないんですよ。
そして、コンプリートを目指すべく、切手通販に精を出しておりました。

そこで気になるのが、私が購入した「国際文通週間切手」の買取価値。
国際文通週間切手は「東海道五十三次」が有名ですが、それ以外の切手のほうが多いんですよ。

まず、有名どころの国際文通週間切手の買取価格として「富嶽三十六景」が挙げられますね。

 

国際文通週間「富嶽三十六景」の買取価格一覧

国際文通週間「神奈川」切手の買取価格

プレミア切手として有名?な、国際文通週間シリーズ「富嶽三十六景」の「神奈川」。この切手の浮世絵、非常に有名ですよね。
この神奈川の浮世絵、波の合間に今にも転覆しそうな小舟が見えているの、ご存知でした?荒波に命をもてあそばれる小舟の人々、だけど遠くの富士はいつでも変わらず…といった対比の芸術が高く評価されています。
さてさて、この有名浮世絵、もちろん切手になっても有名です。
ですがね、国際文通週間「富嶽三十六景・神奈川」、購入価格は200円足らずだったんですよ。確かに切手の額面は40円なので、額面以上の買取価値があるといえばありますが…。

いや、私としては嬉しかったんですよ。有名切手シリーズの有名浮世絵切手が、この価格で手にはいるとは。
ただね「見たことがあるから高く買取してもらえるであろう」といった気持ちは捨てた方が良いのかも知れませんな。
「高い価値がついている切手は山ほどあるが、そういう切手ほど、たいてい高級そうな絵面はしていない」というようなことを、昔の記事で言いましたが、その逆ですかね。
「買取価値が高そうな切手ほど、実は買取価格は安い?」のかも知れません・・・

切手買取でも有名な「見返り美人」切手も、復刻版がいくつか発行されていますしね。切手の絵柄だけが記憶にあれば「高い買取価格がつきそう!」と思ってしまいそうなもんです。

さて、話が脱線していきますね・・・「国際文通週間切手」の買取価値の続き、いきますね。

 

国際文通週間「保土ヶ谷」切手の買取価格

flame-stamp

こちらも富嶽三十六景で有名ですね。「保土ヶ谷」。遠くにも見え、近くにも見える富士山を眺めながら、東海道を旅する様子が浮世絵として表現されています。
北斎はやっぱり遠近法の使い方に定評がありますね。保土ヶ谷も、そんな浮世絵の一枚です。
さて、国際文通週間切手の方の価値はとなりますと、どうやら額面を大きく超えることはないようですね。切手買取業者での買取価値も、大体額面どおりの40円前後のようです。
私の国際文通週間切手「保土ヶ谷」の購入時価格も、だいたい100円前後だったので、買取価格もそれくらいかな、と納得はできますね。

ただね、切手一枚の価値は安くとも、塵も積もれば…。最近は切手の相場も落ち着いているみたいで、愛好家には嬉しい世の中ではありますが、なんせ切手は発行されてきた数が多い。

今回、切手の情報・買取価格はhttps://stampkaitori.net/などを参考にさせていただきました。

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。